知って得する生活の知恵袋~ブログ

知って得する生活の知恵袋などの情報を投稿しています。

スポンサーリンク

入院時の高額医療費の軽減

入院時の高額医療費の軽減 健康保険には、高額な医療費を支払った場合に、 あとで自己負担限度額を超えた分について払い戻される 「高額療養費制度」があります。 しかし、払い戻されるとはいえ、高額な医療費の支払いは、大きな負担になります。 そこで、70…

医療保険と介護保険の自己負担額が高額になったとき

医療保険と介護保険の自己負担額が高額になったとき 健康保険の世帯に介護保険の受給者がいる場合に、 1年間(8月1日~翌年7月31日まで)に負担した健康保険の一部負担金の額(高額療養費を除く)と介護保険の利用者負担額(高額介護サービス費を除く)を合…

医療費の自己負担が高額になったとき

医療費の自己負担が高額になったとき 高額療養費とは、 同一月に同じ医療機関ごとでかかった医療費の自己負担額が高額になった場合は、 一定の金額(負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。 1カ月単位(1日から末日)で計算 受信者ごとに計…

立替払いや治療用装具を作成した場合

立替払いや治療用装具を作成した場合 健康保険では、 「やむを得ない事情で健康保険証を提示できず、医療費の全額(10割負担)を支払ったとき」や 「治療のために装具を装着または作成したとき」などの場合に、 あとで請求して療養費として、払い戻しを受け…

確定申告で医療費控除を受けるには

確定申告で医療費控除を受けるには (概要) 平成29年分の確定申告から、セルフメディケーション税制が創設されました。 通常の医療費控除との選択適用となります。 平成29年分の確定申告から、 「医療費控除の明細書」または 「セルフメディケーション税制の…

健康保険・年金は何歳まで

健康保険・年金は何歳まで支払うか。 国民年金は60歳までです。 厚生年金は70歳までです。 健康保険は75歳までです。 (70歳から75歳まで2割負担の「健康保険高齢受給者証」が公布されます) (75歳から後期高齢者医療制度に移行します)

健康保険に加入できる家族は

健康保険に加入できる家族は 1.被保険者の収入で生計を維持されている75歳未満の方 (後期高齢者医療制度の被保険者とならない方) 2.対象となる家族の範囲 配偶者/子/孫/兄弟姉妹/父母 3. 被保険者となる収入条件 年収130万円未満かつ被保険者の年間収入の…

退職後、継続して再雇用の被保険者資格

退職後、継続して再雇用の被保険者資格 60歳以上の方が退職後に1日の空白もなく同じ事業所に再雇用された場合は、 「被保険者資格喪失届」と 「被保険者資格取得届」を同時に提出することにより、 事業主との使用関係が一旦中断したものとして、 再雇用され…

パートタイマー(短時間労働者)の社会保険適用

パートタイマー(短時間労働者)の 社会保険適用 4分の3基準を満たしたパートタイマーは被保険者に パートタイマー(短時間労働者)でも、 1週間の所定労働時間および1カ月間の所定労働日数が同じ事業所で、 同様の業務に従事している一般社員の4分の3以上で…

年金受給資格期間が10年以上に(平成29年8月~)

年金受給資格期間が10年以上に (平成29年8月~) 平成29年8月から老齢年金を受けるために必要な資格期間が、 25年から10年に短縮されます。 これにより、受給の可能性のある方を対象に、 年金請求書(「短縮」と明記されています)が送付される予定です。 …

年金給付関係の改正(平成29年4月~)

年金給付関係の改正(平成29年4月~) ●国民年金・厚生年金保険の年金額は0.1%引き下げ 平成29年度の年金額については、平成28年の物価変動率が0.1%で、 名目手取り賃金変動率が-1.1%となり、変動率がともにマイナスで、 賃金変動率が物価変動率より低い…